【妊婦期間】いるもの・いらないもの  | 【出産入院準備】これだけあれば大丈夫 | 【ベビー用品】いるもの・いらないもの

  << HOMEへ戻る 

妊婦期間のいるもの・いらないものリスト

私が妊婦期間に必要だったもの・いらなかったものを紹介しています
とくに「いらなかったもの」の項目を、これから出産をひかえている方に読んでいただき、
無駄なお金を使う事無く必要なものだけを準備するヒントにしていただきたいです。


《 いるものリスト
(購入したもの) 》《 いらなかったものリスト 》

スポンサードリンク


  妊娠検査薬

生理が遅れはじめてすぐに購入。
生理予定日当日から検査できる「チェックワンファスト」ではっきりと線が出ましたが、他社の「クリアブルー」 でも調べました。


  妊娠・出産に関するお金の本

出産育児一時金、育児休業給付金、出産手当金、医療費援助、児童手当金など、妊娠・出産に関するお金をかたっぱしから調べるのに購入しました。知っておかないと損をする事もありますので、よく調べておいた方が良いです。


  葉酸サプリメント

葉酸が不足していると、胎児に中枢神経系の障害を引起こす危険性があります。
妊娠が解ってすぐに飲み始めました。


  ノンカフェイン飲料

コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料は、胎盤の血流を減少させると言われています。大好きだった紅茶をやめて、ノンカフェインのルイボスティーや、カフェインの少ないほうじ茶を飲むようにしました。


  保存食(1)
(ゼリー・果物・冷凍おにぎり)

つわりが始まって、食べれない日はまったく何もたべれませんでした。私がよく食べたのは、蒟蒻畑、ウィダーインゼリー(ビタミンAは赤ちゃんによくないので、Aの入っていないやつ)梨、スイカなど。おにぎりは常に常備しておくと、食べれそうなときにぱくっと食べれて便利。


  保存食(2)(甘栗・干し芋)

会社でお腹がすいて気持ちわるいときに大活躍してくれたのが皮が剥いてあるタイプの甘栗。少量でお腹がふくれるし、美味しい。


  妊娠線予防

高いクリームは必要ないです。私はホホバオイルに刺激の少ない精油(マンダリンなど)を入れて使用していました。


 

マスク

家のにおいや人のにおいが気持ち悪くなってしまったので、いつもマスクをしてました。


 

マタニティブラジャー

前で外せるタイプが授乳時に便利です。


  マタニティーショーツ

4ヶ月くらいでお腹がすこし出て来たので、お腹を包む大きさのショーツを購入。3〜4枚あってもいいです。


  腹巻き

薄手の腹巻きを購入。お腹が出て来てから大活躍でした。


 

マタニティーズボン

5ヶ月くらいでズボンのチャックがしまらなくなりました。仕事着用に2枚購入。


 

トコちゃんベルト

産後の骨盤のゆがみが心配だったので購入。


 

スニーカー

後期になると動きもおぼつかなくなります(笑)
動きやすいスニーカーは、産後も大活躍でした。
(履きなれたものがある人はいらないと思います。)








《 いらなかったものリスト 》

母子手帳ケース ........... 私は産院でいただきました。かわいいのをいただける産院や自治体もあるので、購入の前に確認してみて下さい。


妊娠線予防クリーム ........... ホホバオイルで代用できます


マタニティウエア ........... トップスはゆったりめのワンピースなどを着れば大丈夫。ズボンは必要


胎内音・心音を聴くマシン ........... 聴診器で心音を聞くのは後期になってもなかなか難しいし、後期になれば活発に胎動する赤ちゃんを感じる事ができるからいらないです。


おっぱい・マッサージ用クリーム ........... ホホバオイルで代用



>>【出産入院準備リスト】これだけあれば大丈夫! へ  

  << HOMEへ戻る 
Copyright(C) 2009 hachomama. All rights reserved.